ドローンレースで、AIが操縦するドローンに人間パイロットが勝った   更新しました!



(写真はNASA/JPL-Caltechから)
 
[TechCrunch Japan]によると、10月12日に行われたNASAのデモで、AIが操縦するレース用ドローンが、有名なドローンパイロットKen Looと対戦しました。
 
NASAのJet Propulsion Laboratory(ジエット推力研究所)の研究者たちは、Googleが研究資金を提供したドローンの自律飛行をこの2年間研究し、障害物を避けながら高速で飛ぶ三機のドローンを完成させました。いずれも自分の視力としてカメラを搭載しています。
 
それらのドローンは、直線飛行では最高時速130キロメートルだが、曲がりくねったテストコースでは時速65キロメートルが精一杯でした。
 
NASAのプレスリリースは、自律ドローンと人間パイロットの長短を論じています。AIが操縦するドローンはより堅実な飛行をするが、より慎重でもあり、高速時にはモーションブラーが問題になることもありました。一方、人間のLooは、数回の周航でコースをおぼえ、自律ドローンよりもずっと機敏に飛行できたが、疲労の影響が現れたということです。
 

 
最初のうちは、AIも人間も同じぐらいのラップタイムだったが、徐々にLooとの差は開き、最後には人間が勝利しました。
 
今回の結論としては、自律ドローンは観測監視や緊急時対応などに使えそうです。倉庫で在庫を調べることにも向いていそうです。
 
出典:TechCrunch Japan