特注の DJI Phantom 4 用回転球体フレーム


This report is Japanese version only.
 

1 特注の DJI Phantom 4 用回転球体フレーム

 
(1) 2016年最後の納品は、特注の DJI Phantom 4 用回転球体フレームとなりました。以下は12/24出荷前のフライトチェックです(Attiモード)。


 
(2) 特注のいきさつについては「DJI Phantom 4(改造)球体フレームテスト販売」をご覧ください。
 
(3) 以下製作過程を公開します。
 

2 上蓋を開ける(お客様で作業可能です)

 
(1) DJI Phantom 4 のモーター下のLEDの位置を変えるために、まず Phantom 4 の上蓋を開けます。


 
(2) 裏返しにしてプラスチックキャップを外した後、これを剥がします。


 
(3) モーターと直結するネジ3個です。


 
(4) ネジ3個を外します。その他 Phantom 4 下蓋の6個のネジも外します。


 
(5) ジンバル、カメラの部分も外す必要があります。


 
(6) 外しました。


 
(7) 上蓋と下蓋はツメでつながっているので、ツメを外しながら慎重に上蓋を開けます。ここが一番難しいところです。私はここで3時間以上かかりました。


 
(8) 少しずつ上蓋を開けて、


 
(9) やっと外すことができました。


 
(10) 上蓋の開け方についての詳細は以下の動画をご覧ください。これを見ないとできないと思います。必見です。

DJI Phantom 4 shell replacement (complete)
 

3 LEDの位置を変える(お客様で作業可能です)

 
(1) 次にこのLEDの位置を変えます。


 
(2) マイナスドライバー等で上側に外します。


 
(3) LEDをこの位置にもっていき、


 
(4) 絶縁テープで固定します。以上で完了です。あとは上蓋を閉めます。


 
(5) これでLEDライトはこの位置で光ります。


 

4 球体フレームに接続するT字型部品を取り付ける

 
(1) なぜLEDの位置を変えなければならないかというと、球体フレームに接続するT字型部品の3個のネジをモーターに直結して固定するためです。


 
(2) このように直結します。


 
(3) 後ろから見るとこうなります。


 
(4) これですべて完成です。


 
(5) DJI Phantom 4 用回転球体フレーム(写真右上の Phantom 4 の出し入れ口を外しています)


 

5 2017年の一般発売に向けて

 
(1) 上記「2 上蓋を開ける」および「3 LEDの位置を変える」をお客様で行っていただける場合、弊社は、お客様の DJI Phantom 4 をお預かりする必要はなくなり、DJI Phantom 4 用回転球体フレームのみを納品することが可能となります。

(2) この場合は PAUI Oasis5 for Phantom4(DJI Phantom 4 用回転球体フレーム)として一般発売することが可能となります。