新しいロボットは未来を見ることができます



(写真はカリフォルニア大学バークレー校から)
 
[カリフォルニア大学バークレー校]によると、研究者は、ロボットが自分の行動の将来を想像することができ、これまでに遭遇したことのない物体をどのように操作するかを理解できるロボット学習技術を開発しました。
 
この技術は将来的に、自走車が将来の道路上の出来事を予測したり、より聡明なロボットアシスタントを家庭で作り出すのに役立つかもしれません。
 
ただし最初のプロトタイプは、自律的な遊びから簡単なマニュアルスキルを学ぶことに焦点を当てています。
 
視覚先見験と呼ばれるこの技術を使用すると、ロボットは特定の一連の動きを実行したときにカメラが何を見るかを予測できます。
 
これらのロボットの想像力は、今のところまだ比較的単純です。将来の予測は数秒後にすぎませんが、障害物を邪魔することなく、テーブル上のオブジェクトを動かす方法をロボットが把握するのに十分です。
 
重要なことに、ロボットは人間からの助けや物理、環境、物体が何であるかについての事前の知識なしにこれらの作業を行うことを学ぶことができます。
 
「私たちが我々の環境でオブジェクトをどのように動かすかを想像できるのと同じように、この方法は、自己の振る舞いが周りの世界にどのように影響するかをロボットが視覚化することができる」とバークレー校電気学部助教授Sergey Levine氏は言いました。
 
出典:カリフォルニア大学バークレー校