手作りの人工知能が日本の農家に来た



(写真はAdvisor Perfomanceから)
 

手作りの人工知能マシン

[Advisor Perfomance]Advisor Perfomanceによると、日本の小池誠氏はキュウリを分類する手作りの人工知能マシンを開発しました。
 
小池誠氏は、トヨタ自動車株式会社の本社の近くにある愛知県の都市部で、車を制御するソフトウェアを書いていました。
 
しかし、2014年には33歳で仕事と都市生活を離れ、静岡の緑豊かな県の両親のキュウリ農場に移動しました。
 

新しいバージョン

小池氏は昨年マシンを完成させましたが、それは70%の正確さでキュウリを分類します。
 
小池氏は現在、一度に複数のキュウリを分析することができる新しいバージョンの作業に取り掛かっています。
 
出典:Advisor Perfomance