エストニアはロボットに法的権利と責任を与える計画



 
[INDEPENDENT]INDEPENDENTによると、エストニアはロボットに法的権利と責任を与える計画だそうです。
 
NATOのサイバー防衛センターをホストしているエストニアは、ロボットの規制を先取りして取り組んでいます。
 
政府のIT戦略を担当するシム・シックット氏は、同国の経済省は、法的紛争で人工知能の地位を扱う法律制定に取り組んでいると述べました。
 
検討中の1つの提案は「ロボットエージェント」という用語を作ります。
 
シックット氏は、人工知能を自然法人と同じ司法レベルに昇格させることに利点があると語りました。いずれにせよ省庁は、まず法律を先導するために十分な政治的支援を得る必要があります。
 
「この機会を政府として奪取すれば、私たちは先駆者の1人になる可能性がある」とシックット氏は語りました。
 
出典:INDEPENDENT