バーチャルリアリティを備えた遠隔操作ロボット:工場労働者の在宅勤務を容易にする   更新しました!



(写真はJason Dorfman、MIT CSAILから)
 
[Science Daily]Science Dailyによると、今週、MITのコンピュータサイエンスと人工知能研究所(CSAIL)の研究者は、Oculus Riftヘッドセットを使用してロボットを遠隔操作できる仮想現実感(VR)システムを発表しました。
 
システムは複数のセンサディスプレイを備えたVR制御室にユーザを埋め込み、ロボットの頭の中にいるように感じさせます。ジェスチャーを使用することで、ユーザーはロボットの動きをさまざまなタスクを完了させるためにロボットに合わせることができます。
 
「このようなシステムは、人間が遠くからロボットを監督することを最終的に助けてくれるかもしれません」と、システムに関する関連論文の執筆者であったCSAIL博士後任のジェフリー・リプトン氏は言います。
 
出典:Science Daily