フレキシブルな「スキン」はロボットに役立ち、補綴物はせん断力を感知して日々の作業を実行します   更新しました!



(写真はUCLAエンジニアリングから)
 
[Science Daily]Science Dailyによると、ワシントン大学とUCLAのエンジニアは、卵の調理から爆弾の解体までの作業に不可欠な、せん断力や振動に関する情報を正確に伝えるために、ロボットの身体やプロテーゼのどの部分にも伸びる柔軟な「センサースキン」を開発しました。
 
この「センサースキン」は、触感を伝えるのに役立つように指やロボットや人工器官の他の部分に巻き付けることができます。
 
出典:Science Daily