しつけや栄養管理をAIロボットが行う時代へ



 

パナソニックは、AI(=人工知能)を搭載した幼児の教育向けのロボットを公開

[日テレニュース24]日テレニュース24によると、10月3日から一般公開される先端技術の見本市「シーテックジャパン」において、パナソニックは、AI(=人工知能)を搭載した幼児の教育向けのロボットを公開しました。

歯磨きの時間を教えたり、おもちゃが散らかっていると片付けを促したりするなど、子どもに生活習慣を身につけさせる役割があるといいます。
 

栄養管理を行うAIロボット

「シーテックジャパン」では、食事を入れるだけで15秒ほどでカロリーや栄養成分を測定することができる家電も公開されました。個人にあったレシピを提案するなど健康管理も支援できるとしています。

このほか、AIの発達で年々腕を上げている卓球ロボットや、スマートフォンをかざすと3Dのキャラクターが登場して会話できるなどの最新技術も披露されました。
 
出典:日テレニュース24