ドローン 第2ステージへ


This report is Japanese version only.
 
たっぷりと休養を取って、ドローンに対する興味が復活してきました。
 
8月に入って潮目が変わり、ドローン業界は第2ステージに入ったようです。あくまでも私の感覚ですが、6月7月中はドローンの規制問題で動きの鈍かった法人が、8月に入って活発に動き出した感じです。
 
当社にも8月に入って、こんなことしたい、あんなことできないか等の法人様の問合せが増え出しました。おそらドローンに対する法規制が固まったことで安心感が出たことも一因かと思います。
 
ドローンに対する法規制と今後の動きについては後日まとめたいと思いますが、ここではドローンの第2ステージ等についてもう少し述べたいと思います。
 
1. ドローンの第1ステージ

3年ほど前から始まったドローンに係る安定飛行等の初期技術革新の期間(本年7月まで)。

アマチュア、プロ≒法人とも多くの方が関わりました。

このステージのアマチュア用かつプロ用ドローンの集大成は、DJI Inspire1やDJI Phantom3 Professionalなどでしょう。

Phantom3angled
 
 
1. ドローンの第2ステージ

本年4月の首相官邸ドローン事件以降動きの鈍かったドローン関係者がドローン規制を踏まえて動き出した、本年8月から今後4、5年先まで。

残念ながらアマチュアの方はごく少数となり、プロ≒法人が活発的かつ本格的に参入するステージです。

今後衝突防止機能の緻密性向上など、さらなる技術革新が数多く開発されるでしょう。そのほとんどは産業用≒プロ用≒法人用でしょう。
 
またいろいろなドローンの利用方法が、現場の必要性によって、考案されるでしょう。当社は現在、検査分野のドローン開発とコンサルティングを主として手がけていますが、屋外のみならず屋内での利用のお問合せも頂きます。現場じゃないと、こんな発想できない! という面白い利用方法など、私も楽しませていただいております。
imagep1
 
 
1. ドローンの第3ステージ

産業用≒プロ用≒法人用のドローン技術革新が一段落し、様々な利用方法も定着した4~5年先以降。

ドローンに高度な人口知能が搭載され、屋外、屋内を問わず、ほぼ全ての飛行は完全自動化されるでしょう。

人工知能が搭載されたドローンはどんなことができるのでしょうか?考えるとワクワクします。
 
 
※恐縮ですがここからコマーシャル

ドローンで何ができる? こんなことをドローンでできない? などドローンに関するいろいろなご質問に当社は無料でお答えします。当サイトお問合せから、または下記までお電話ください。

TEL:092-201-7333

詳細はこちらをご覧ください。