PAUI 回転球体ドローンガードの保証と修理方法


この記事は主として PAUI 回転球体ドローンガードをご購入いただいたお客様、および今後ご購入のお客様向けに、PAUI 回転球体ドローンガードの修理方法を説明するものです。
 

1 PAUI 回転球体ドローンガードの破損

 
(1) 最近(2017年7月)お客様から PAUI 回転球体ドローンガードのカーボン棒を破損したとのご連絡をいただきました。

カーボン棒
 
(2) 飛行中または着陸時にカーボン棒が破損することは、私も経験しましたし、十分にあり得ることで、お客様の不注意ではありません。
 

2 当社の対応

 
(1) そこで当社は、飛行中または着陸時に PAUI 回転球体ドローンガードのカーボン棒または青色ジョイントをお客様が破損した場合、すべて無料で部品を追加納品しております(1年間)。
 
(2) 無料の部品追加納品は PAUI 回転球体ドローンガードをご購入いただいた全てのお客様、および今後ご購入のお客様に対応いたします。
 

3 PAUI 回転球体ドローンガードの修理方法~アセトン液で溶かす

 
(1) PAUI 回転球体ドローンガードの球体は、以下の「6角形の青色ジョイント」28個、「5角形の青色ジョイント」12個、「長いカーボン棒」60本、「短いカーボン棒」60本で出来ています。
 
6角形の青色ジョイント

dsc01882-2
 
5角形の青色ジョイント

dsc01886-2
 
長いカーボン棒、短いカーボン棒

dsc01896
(上2本は Matrice100 用の長短カーボン棒、下2本は Phantom3 用の長短カーボン棒)
 
(2) そしてこれらをアロンアルファ(瞬間接着剤)で固定します。ちなみに上記 Matrice100 用と Phantom3 用のカーボン棒の長さの違いは、下記球体の大きさの違いとなります。

oasis4-3
(外側の半球は Matrice100 用、内側の球体は Phantom3 用)
 
(3) 「カーボン棒」はアセトン液に強い(=溶けない)、「青色ジョイント」はABSフィラメントで出来ておりアセトン液に弱い(=溶ける)、アロンアルファもアセトン液に弱い(=溶ける)という性質があります。そこで、修理箇所をアセトン液につけて、青色ジョイントとアロンアルファを溶かしながら、青色ジョイントを破壊します。アセトン液の代表的なものは下記「純アセトン500ml」などです。


 
(4) 青色ジョイントは牡蠣の貝殻のように積層する構造です。そこで溶かしながら上下方向へ剥がすようにペンチ等で分解します。そして全てのカーボン棒等を引き抜いてください。その後、カーボン棒にアロンアルファを付けて、新しい青色ジョイントに全てのカーボン棒を差し込み、修理完了となります。

dsc01882-2
 
 
以上です。