特化型マッチングサイト6 おっさんレンタル


世界や日本にはいろいろな特化型マッチングサイトがあります。このシリーズでは面白いマッチングサイトをご紹介し、本マッチングシステムでこれらをどう作るかを見ていきます。今回は6回目です。
 

1. おっさんレンタル

(1) 今回の特化型マッチングサイトは「おっさんレンタル」です。イケてると勘違いしているおっさんを1時間1000円からレンタル予約できるサービスだそうです。


画像は「おっさんレンタル」サイトのスクリーンショット

(2) 雑談から内緒話、パシりまで、おっさんがあなたのニーズにお応えします、とあります。現在約160人のおっさんが登録されています。おっさんなんて誰がレンタルするかと思っていたら、なんと意外な人気だそうです。わからないものですね。


「おっさんレンタル」サイトより
 

2. おっさんレンタルのシステム

(1) おっさんとレンタル希望者のマッチングをサイト管理者が管理するという構造です。

(2) レンタル希望者は会員登録不要です。つまりフリーでおっさん情報を見ることができます。

(3) おっさんはサイト管理者の面接審査を経て登録されます。サイトには「おっさんレンタルの知名度が上がり、全国からのレンタルにお答えできなくなりました。一緒に全国でおっさんレンタル活動をしていただくおっさんを募集します」と書かれています。

(4) サイト管理者はおっさんの情報を手動でアップしています。
 

3. 本マッチングシステムで作る場合

(1) サイト管理者はおっさんの情報を手動でアップしているようなので、WordPress、テーマ、WooCommerceだけで作ることができます。

(2) つまり本マッチングシステムは不要です。もしおっさんがサイトのフロントエンドで自らの情報を自由に公開する場合は本マッチングシステムが必要です。しかしサイト管理者がおっさんの情報を手動でアップする限り、WooCommerceで作ることができます。

(3) さらにおっさんはレンタル予定者へ手動でメール等による連絡を行うので、サイト内メッセージ不要という点でも本マッチングシステムは不要です。

(4) 以上を要すると「おっさんレンタル」は無料で作ることができます。
 
本記事はここまでです。ありがとうございました。