子テーマの作り方


今回は子テーマの作り方をお話しします。
 

1. 子テーマディレクトリ

子テーマを作成する最初のステップは、子テーマディレクトリの作成です。wp-content/themes ディレクトリ下に作成します。子テーマディレクトリの名前には最後に ‘-child’ を付けることが推奨されます。
 

2. style.css

次のステップは子テーマのstyle.cssの作成です。style.cssに以下の記述をします。

/*
Theme Name: 子テーマのファイル名(任意)
Theme URI: http://ドメイン名/テーマファイル名-child/(必須)
Description: WordPressテーマ「example」の子テーマ
Author: Pasonal
Author URI: http://pasonal.com/
Template: example(必須 / 親のテーマ名)
Version: 1.0.0
Text Domain: テーマファイル名-child
*/
 

3. functions.php

最後のステップでは、親テーマと子テーマのスタイルシートをキューに入れます。以前はstyle.cssに @import: を使用して親テーマのスタイルシートをインポートしていましたが、これはもはや良い方法ではありません。親テーマのスタイルシートを使う正しい方法は、子テーマの functions.php で wp_enqueue_script()を使用する方法です。functions.phpに以下のコードを記述します。

phpの始まりコード(本当に書くとまずいので下の絵をご参照ください)
add_action( ‘wp_enqueue_scripts’, ‘theme_enqueue_styles’ );
function theme_enqueue_styles() {
wp_enqueue_style( ‘parent-style’, get_template_directory_uri() . ‘/style.css’ );
}

 
本記事はここまでです。ありがとうございました。