機能14 税(消費税)


今回は本マッチングシステムの消費税を見ていきます。
 

1. 消費税

(1) サイト管理者はデフォルトで商品価格の消費税込み表示と消費税別表示を選択することができます。

(2) サイト管理者は配送料の消費税込み表示と消費税別表示を選択することもできます。

(3) 購入者が混乱しないようにするため、サイト管理者は消費税込み表示にするか消費税別表示にするかを統一したほうがよいでしょう。このサイトのデモショップは全てを消費税込み表示にしています。さらに出品者が個人の場合は以下の注意が必要です。
 

2. 出品者が個人と法人の場合

(1) 出品者が個人の場合、商品に消費税はかかりません。したがって消費税なしという表示になります。

(2) もし出品者に個人と法人が混在する場合、商品によって消費税なし、消費税込み、消費税別と表示されると購入者は混乱します。そこで商品価格、配送料の全てを消費税込みに統一するのが望ましいと思います。Amazonも全てを消費税込み表示にしています。
 

3. 国外販売

国外販売を行う場合は各国の税を考慮する必要があります。
 
本記事はここまでです。ありがとうございました。次回はクーポンについてお話しします。