DIY 3Axis Gimbal for GoPro3 No.3


完成した 3Axis Brushless Gimbal for GoPro3 の Pre-Flight Test を行いました(傾いていますが検証用ということで。また機体の配線を整備点検でばらしています)。

 
組立やソフト設定は「3Axis Gimbal for DSLR Size」と同じです。唯一異なる点は Alexmos 3Axis BGC 設定の Basic 画面の数字を以下にしていることです。
DSC00700
 
組み立てます。
DSC00649
 
GoPro3 を除いたジンバルの重量は 312g です。パワーアップしている ZION EX 450 に搭載します。
DSC00659
 
通常 GoPro 用に使われる 2208 より一段パワーのある iFlight製 iPower GBM3506H-130T(64g)はスムーズに動きます。多少のバランスのズレをものともしません(位置をずらして試しましたが OK でした)。多分パワーのあるぶん、バランスに係る許容範囲が広がるのではないかと推測しています。
DSC00654
 
GoPro3 装着時は上からスポっと入れればよいので、毎回のバランス微調整の手間を省けます。GoPro3 用フレームとジンバルの台はくっついています。
DSC00655
 
DSC00656
 
配線がわずらわしいです。後で何とかしないと。
DSC00658
 
ヨー(Yaw)軸を follow モードにしているので、機体直進時や左右回転時のぶれを吸収してくれるかを次回のフライトテストで試してみます。
DSC00657
 
余談ですが福岡市内はフライト練習場所がまた少なくなりました。前から使っていた百道浜海浜公園グランドは管理者の許可なしに入れないようになり、今のところ早朝人のいない福岡城跡地グランドしか見つかりません(駐車場から離れているので大型機体は不可)。早朝以外や大型機体はこの前見つけた糸島半島ぐらい?でも高速使って1時間弱かかります。
 
なお何度かご質問をいただいているのですが商品の販売等は行っておりません。趣味の延長として楽しんでいるだけですので。
 
現状 3Axis Brushless Gimbal は DSLR サイズで7万円以下、GoPro で3万5千円以下、かつコントローラーは Alexmos 3Axis BGC、モーターは iFlight製 iPower で市販の物より1ランクパワーアップしたものを一般的に自作できます。ご一考ください。