AIシステムの開発を効率化、本命は学習済みクラウドAI   更新しました!



 
[日経SYSTEMS]によると、日経BP社の表彰制度「ITインフラテクノロジーAWARD2018」は、2018年に企業の注目を浴びるITインフラ関連の技術・製品・サービスの「本命」として「学習済みクラウドAI」を選びました。
 
「学習済みクラウドAI」は、汎用的な機械学習モデルをクラウドサービスの事業者がAPI(アプリケーション・プログラミング・インタフェース)で提供するサービスです。
 
ユーザー企業は、機械学習をさせるための基盤構築の手間を省いて、人工知能(AI)を活用したシステムを開発できます。
 
「学習済みクラウドAI」の代表格であるAmazon Web Service(AWS)、Microsoft Azure、Google Cloud Platformなどでは、音声認識、自動翻訳、自然言語処理、画像認識、動画認識/動画分析といったAIがそろっています。
 
出典:日経SYSTEMS