ロボットの自動化は「2030年までに8億人の雇用を奪う」- 報告書



(写真はGETTY IMAGESから)
 
[BBC]によると、最大8億人の労働者が2030年までに雇用を失い、ロボットオートメーションに取って代わられるというコンサルタントからの新しいレポートが出ました。
 
マッキンゼー・グローバル・インスティテュート(McKinsey Global Institute)による調査によると、世界的な労働力の5分の1(8億人)が影響を受ける可能性があります。
 
ドイツや米国のような豊かな国の労働力の3分の1は、他の職に就くために訓練する必要があるかもしれません。報告書によれば、機械オペレーターと食品加工業者は最も打撃を受けるということです。
 
これに対して、投資資金の少ない貧しい国はそれほど影響を受けないだろうということです。
 
そして調査報告書は、政府に対し、市民の再訓練計画を制定するよう求めています。
 
出典:BBC