AIとチャットボットがビジネスリスクを軽減する10の方法



(写真はanyaberkut|Getty Imagesから)
 

チャットボット(chatbot)とは

「チャットボット(chatbot)」とは、「チャット」と「ボット」を組み合わせた言葉で、人工知能を活用した自動会話プログラムをいいます。

「チャット」は、インターネットを利用したリアルタイムコミュニケーションのことで、主にテキストを双方向でやり取りする仕組みです。「ボット」は、「ロボット」の略で、人間に代わって一定の処理を自動化するためのプログラムです。

人間同士が会話するチャットに対して、「チャットボット」は人間と、人工知能を組み込んだコンピュータが対話します。
 

AIとチャットボットがビジネスリスクを軽減する10の方法

[Entrepreneur]によると、「チャットボット」を使用すれば、規模に関係なく、すべての企業で発生する一連のリスクに対処し、緩和することができるということです。そして例として以下の10の方法を挙げています。
 

1. 24時間カスタマーサービスを提供する

チャットボットは、クライアントが注文を確認したり、アカウント情報を更新したり、支払いを行うのに役立つセルフサービスツールとして機能します。これは、週末や営業外の時間に特に役立ちます。
 

2.要求の多いボリュームをソートするのに役立つ

大量の顧客サービスと販売に関するお問い合わせに役立ちます。チャットボットは、受信した多数のリクエストを整理して並べ替えるのに役立つフィルタとして機能します。そして、あなたが適切な部門に要求を送信し、要求されたタスクを実行し、クライアントのための個別対応を生成するのにチャットボットは役立ちます。
 

3.ビッグデータの傾向を分析する

AI処理チャットボットは、処理能力と分析能力のおかげで、ビッグデータを分類して解釈するのにも役立ちます。チャットボットは、製品を強化し、サービスに価値をもたらす優れたソリューションを開発するために使用できる重要なパターンと傾向を分析するのに役立ちます。
 

4.ターゲットとされた販売およびマーケティングキャンペーン

大規模なデータ分析は、多くの部門に役立ちます。つまり、セールスおよびマーケティング部門は、大規模なデータ分析によって収集された情報を使用して、カスタマイズされたキャンペーンや戦略を作成することができます。
 

5.予測分析

信頼性の高い販売とマーケティングマシンをセットアップすると、予測分析を使用して予算を計画することができます。チャットボットを使用して販売ファンネルを構築したら、売上を予測することができます。この情報を使用して将来の予算を作成し、成長率をより現実的に把握することができます。
 

6.総合的な生産性向上

すべての主要な作業ツールに統合されたチャットボットを実装すると、チャットボットはメール返信等のコミュニケーションをフィルタリングし、不必要なコミュニケーションを省き、会社の生産性を向上させます。
 

7.より良い部門間のコミュニケーション

チャットボットは部門間のコミュニケーションを向上させます。
 

8.潜在的な評価

チャットボットはまた、内部の業務を評価して分析し、改善の領域を特定するのに役立ちます。データを収集し数値を集めるだけでなく、従業員に意見を尋ねたり、主要意思決定者にフィードバックを提示することができます。
 

9. B2Bアプリケーション

チャットボットをB2Bアプリケーションとして使用して、クライアントとの強い関係を築くことができます。
 

10.才能管理

チャットボットを才能リスク管理に用いることで、従業員のストレスレベルを下げ、予想外の才能損失を軽減します。
 
出典:Entrepreneur