Google、AIを利用して太陽系外の恒星系「ケプラー90」に新たな惑星を発見



(写真はNASAから)
 
[TechCrunch]によると、GoogleとNASAは米国時間12/14、ケプラー90恒星系の新しい惑星を機械学習を使用して発見したことを発表しました。
 
科学者らはケプラーのデータにニューラルネットワーキングを適用することで、ケプラー90系で8番目の惑星を新たに発見しました。
 
8番目の惑星(ケプラー90i)は、Googleのニューラルネットワークが発見した新しい惑星で、従来惑星の識別に用いられていた信号と比べて弱い信号しか発信しません。Googleのツールはこの系で最も小さい惑星であるケプラー80gも発見しています。
 
Googleはこの発見を発表した会見で、写真に写った猫や犬を識別するのと本質的には同じツールを使用して、過去4年間に集めたケプラーのデータを分析したことを説明しました。
 
GoogleのAIは、ケプラーで観察された約20万の天体のうち670個を調べただけで今回2つの太陽系外惑星を発見しました。さらに多くのデータを分析すればもっと発見する可能性があります。
 
出典:TechCrunch