人工知能技術の影響を受ける主要産業



(写真はAdvisor Perfomanceから)
 
[Advisor Perfomance]Advisor Perfomanceによると、人工知能(AI)は、ほぼすべての業界において重要性を増しています。特に以下の主要産業で重要性を増しています。
 

製造業

製造業は、特にロボットを使用して製品を組み立ててパッケージングする製造プロセスにおいて、新興のAI技術を活用する最初の業界の1つです。

さらに、技術の出現により、先進のロボットは、スマートホーム、スマートシティ、車両、エレクトロニクスの組み立てとテストなどの製造プロセスで複雑な操作を実行することができます。
 

医療

医療は、AI技術によりの大きな影響を受ける業界です。AIは、より良い意思決定と効果的な治療計画を立てるために、医師に医療情報を提供します。

また薬学の分野でディープラーニングは、時間のかかる伝統的な方法と比較して、正確で短い時間で患者に対する薬物の影響を分析するのに役立つでしょう。
 

交通機関や自動車産業

交通機関や自動車産業も、スマートな輸送手段の増加と世界中の自動車のために、人工知能の影響をうけます。

人工知能技術は、自動車産業の未来を変革させます。プロのドライバーはスマートな自動車に置き換えられ、公共交通機関はドライバーレスになり、コストと時間が大幅に節約されます。

例えば、ドバイの道路交通機関(RTA)は、2030年までにドバイでドライバーレス車を発表しています。
 

小売業界

人工知能は小売業界において無限の機会を与えており、その成長は電子商取引ウェブサイトの発展に起因する可能性があります。

eコマースでは、人工知能は顧客の嗜好や嗜好を理解してパーソナライズされたサービスを提供するのに役立ちます。
 

銀行業務、金融サービス、保険

銀行業務、金融サービス、保険は、AI技術の恩恵を受ける産業です。

保険業界は膨大な量の顧客の個人データを扱うため、そのような機密データのセキュリティを確保することが重要です。

AIは、顧客サービス、バックオフィスオペレーション、製品配送、コンプライアンス、マーケティング、リスク管理などのバンキングサービスにおいて、多くのアプリケーションに適用することができます。

さらに金融サービスでは、「ロボアドバイザー」と呼ばれる自動化された金融プランナーやアドバイザーが、財務上の意思決定と株式や債券の購入に関する勧告をユーザーにサポートしています。
 
出典:Advisor Perfomance