インテリジェントマシンは10年以内に教師に取って代わるとウェリントンカレッジの校長は予測



(写真はGetty/iStockから)
 

インテリジェントマシンは10年以内に教師に取って代わる

インテリジェントマシン(AI)は10年以内に教師に取って代わるとウェリントンカレッジの校長は予測しています。
 

教師(人間)は補助的な役割を果たすだけ

ウェリントンカレッジの校長アンソニー・シェルドン卿によると、近い将来インテリジェントマシン(AI)が教育の中心的役割を担い、教師(人間)は補助的な役割を果たすだけとなるそうです。

10年以内に技術革命が教育の古い考え方を捨て、永遠に世界を変えるとアンソニー・シェルドン卿は信じています。

彼によると、学校の教師は伝統的な役割を失い、設備を整えたり、必要に応じて子供たちを助けたり、規律を維持するためだけの助手的な役割に限定されるようです。

そして本質的な教育の仕事は、完全に人工知能(AI)によって行われます。
 

生徒は最高の先生を持つことができる

彼によると、インテリジェントマシン(AI)は生徒1人1人に適応し、生徒によって異なります。生徒の能力に応じて動きます。

「これは産業革命やそれ以来の新技術で見られたものを超えています。生徒は最高の先生を持つことができます。」と彼は述べています。
 
出典:Independent