コンピュータアルゴリズムはサッカーのフォーメーションと防御戦略を自動的に認識


プレーヤーの動的な役割を認識

サッカー選手にはポジションが割り当てられていますが、ゲームの途中でポジションを入れ替えることもあります。今回の新しいコンピュータアルゴリズムは、これがいつ起きるかを認識します。
 

ディズニー・リサーチ、カリフォルニア工科大学等の研究者が開発

ディズニー・リサーチ、カリフォルニア工科大学等の研究者は、ディープラーニングを使って、プレーヤーの追跡データを分析するときに自動的にチームのフォーメーションを認識することができるアルゴリズムを開発しました。

ディズニー・リサーチの研究者Peter Carr氏は次のように述べています。「われわれが知る限り、これは模倣学習方法が、共同で協調的なマルチエージェント政策を学ぶために適用された初めてのケースです。スポーツ分析の観点から、このアルゴリズムは、選手同士が互いにどのように役割を変えるかを理解することによって、サッカー、バスケットボール、または他のチームスポーツにおける各選手のプレーをよりよく分析することを可能にします。」


画像はデジタルサッカーフィールドを示しています。
 

到達度

研究者は、45試合の欧州プロサッカーチームのデータを含む実験で、このアルゴリズムを使用して各チームが採用した一連の役割を学習し、どのプレーヤーが各役割を果たしているかを推測しました(ゴールキーパーを除く)。彼らはそれが従来の模倣学習方法よりも著しく優れていることを発見しました。
 
出典:ディズニー・リサーチ