ペットの翻訳装置により私達は10年以内に犬と話すことができます



 

ペットの翻訳装置

Amazonの報告書によると、ペットの翻訳装置により10年以内に私達は犬と話すことができるそうです。

コン・スロボチコフ氏は、動物が色や捕食者の種類を言うために異なる言葉を持っていることを発見したそうです。彼はいま、その概念が家庭のペットに適用できると考えています。

「多くの人が、犬や猫と話をするのが大好きです。少なくともコミュニケートしようとしていることに注目してください。多くの人が犬と話をし、彼らの秘密を分かち合います。」「猫の場合は、何を言っているのか私には分かりません。多くの場合、猫は『私に餌を与えてあなたはバカか、そして私をほうっておいて』と言っているのかもしれません。」とコン・スロボチコフ氏は言っています。

コン・スロボチコフ氏と消費者専門家のウィリアム・ハイム氏がアマゾンのために書いた報告書は、ペットの言葉を翻訳できる完全な装置を私達が手に入れることができるまで、それほど長くないかもしれないと示唆しています。

ウィリアム・ハイム氏は「成功する革新的な製品は、主要な消費者のニーズに基づいています。現在ペットは赤ちゃんのように愛され、多くのお金が費やされています。これは消費者の大きな需要があることを意味します。誰かがこれを結びつけるでしょう。」と語ります。
 

楽観的ではない意見も

ただし、ポーツマス大学の心理学者ジュリアン・カミンスキー氏は、人間と犬の相互作用に取り組んでいますが、翻訳装置の可能性についてあまり楽観的ではありません。「科学的な意味での犬とのコミュニケーションを言語としては説明しません。彼らは、彼らが何を望んでいるか、彼らがどのように感じているかについての基本的なシグナルを出しているだけです。」とカミンスキー氏は言います。
 

希望的な意見も

犬や猫が何を望んでいるか、彼らがどのように感じているかについての基本的なシグナルを、画像認識も駆使したAIが人間の言葉に変えて翻訳してくれる可能性があります。楽しい世界ですね。
 
出典:INDEPENDENT