コンピュータチップの次の次元を見る   更新しました!



(写真は大阪大学から)
 
[Science Daily]Science Dailyによると、大阪大学と奈良先端科学技術大学院大学との共同研究では、3Dシリコン結晶の原子レベルで平坦な側面の画像を作成するために走査トンネル顕微鏡(STM)を初めて使用しました。

この作業は、半導体メーカーがコンピュータやスマートフォン用の小型で高速でエネルギー効率の高いコンピュータチップを生産しながら革新を続けるのに役立ちます。
 
出典:Science Daily